【さいはてのポラリス】新連載1話ネタバレあらすじと感想!マーガレット2019年6号2月20日発売

お元気ですか?少女漫画大好き☆ゴロミです!

マーガレットの最新話のネタバレと感想、考察についてご紹介したいと思います。

今回はマーガレット2019年6号2月20日発売のさいはてのポラリス1話です!

 

それでは、少女漫画大好き☆ゴロミが

  • さいはてのポラリス1話のネタバレあらすじと感想

を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

さいはてのポラリス1話のあらすじと感想ネタバレ!

それでは早速新連載のさいはてのポラリスのあらすじと感想を紹介したいと思います。

さいはてのポラリスの登場人物を紹介!

月原千瀬(つきはらちせ)

優等生。絵が好き。母が苦手。

高岡朝比(たかおかあさひ)

赤い髪。バイク好き。

さいはてのポラリス1話のあらすじと感想紹介!

お母さんの言われたとおりの高校を目指す千瀬。

学校で同じクラスの高岡が赤い頭で、工業高校を目指すと耳にしました。

 

自分のために言ってくれてるんだろうけど、息苦しい母から逃げたくて千瀬は夜外に散歩に出かけます。

バイクの集団が近づいてきたので、千瀬は道の端でうずくまります。

早く帰るように声をかけられ振り返ると、バイクの後ろには高岡が乗っていました。

 

翌日学校でポスター部だったことを理由に、文集の表紙をお願いされます。

困惑しながらも断れずにいると、高岡が入ってきました。

その態度に悪口を言うクラスメイト。

それでも堂々とした態度な高岡に、不良は感覚が違うんだと感心していました。

 

受験勉強中に、母親の言葉に苦しくなる千瀬。

また夜に散歩に出ます。

すると家の前でバイクをふかしてる高岡に会います。

 

そこに高岡の仲間が集ってきて、彼がバイクを修理出来るのだと知ります。

高岡がキラキラして見えた千瀬。

将来の夢がハッキリ見えてる彼と比べ、自分が恥ずかしくなってしまった千瀬。

 

文章の表紙をペガサスに乗った少年の絵にした千瀬。

偶然高岡と教室に二人になって、見られて認めてもらいました。

つい本気で喜んでしまった千瀬。

 

そこに他のクラスメイトがやってきて、文集の表紙をもっとデザイン風におしゃれにしてほしいと言ってきました。

千瀬がなにか言うよりも先に、高岡が椅子を蹴っ飛ばして凄み、女子たちは走って逃げて行きました。

助けてくれたのかと思った千瀬。

 

高岡と同じ工業高校へ進学を考え始めたとき、母が文集の絵を見つけて破ってしまいました。

そこにバイクの音が聞こえて、千瀬は高岡の元へ向かいます。

千瀬はどうしたら高岡のように堂々としていられるかと聞きます。

 

高岡の言う自分を殴ればという意見をそのまま、千瀬は自分をビンタしてスッキリした顔で笑います。

千瀬に触発されてバイクにペイントしていた高岡。

代わりに書いてあげます。

 

それから千瀬は文集の表紙も仕上げ、工業高校へもこっそり願書を送ります。

三者面談の時、勇気を出して母親に工業高校を受験することを宣言した千瀬。

 

春、入学した高岡は髪を短くして染めた千瀬と会います。

千瀬は憧れるのではなくて、高岡の隣に立てるような自分になろうと決意しました。

 

真面目っ子の思い切った決断でした!

でも初日から金髪?にするなんて大胆。

中身はまだビビリだから、彼女にあまり厳しい事が起こらないといいですね。

 

そして母親への初の反抗はどうなったのか知りたいですね。

スポンサーリンク

まとめ

さて今回少女漫画大好き☆ゴロミが

  • さいはてのポラリス1話のネタバレあらすじと感想

をご紹介してきました!

 

それではまたお会いしましょう!

少女漫画大好き☆ゴロミでした!ゴロニャーゴ☆

スポンサーリンク