【水神の生贄】3巻ネタバレあらすじと感想!9話10話11話12話と番外編収録!

今すぐ水神の生贄を読みたい方はこちらのFODから

 

お元気ですか?少女漫画大好き☆ゴロミです!

今回紹介するのは水神の生贄(はなよめ)3巻です。この作者さんの前回の作品、黎明のアルカナ大好きだったので、今回もファンタジー作品嬉しいなと思ったら、まさかの展開でした…。

ちょっと最初は抵抗ありながら読みましたが、どんどん引き込まれていきました。それぞれのキャラの強さが魅力だと思います。

 

それでは少女漫画大好き☆ゴロミが、

  • 水神の生贄3巻のネタバレあらすじと感想
  • 水神の生贄を無料で読む方法

を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

↓↓関連記事↓↓

水神の生贄3巻のあらすじと感想ネタバレ!

それでは早速水神の生贄3巻を紹介したいと思います!

水神の生贄3巻9話

成長した有紗陽と翠葉流は川で会います。

美しい有紗陽に見惚れる翠葉流。

そこに月彦が来て有紗陽を連れ戻しました。

有紗陽はムラの者たちに危害を加えられることになったけれども、未だ心を許してはいませんでした。

 

翠葉流が戻ると、妹の紫衣那に有紗陽と会っていたことを責められます。

翠葉流は笑顔でかわしますが、有紗陽を受け入れない母と妹にうんざりしていました。

 

有紗陽は間もなく行われる水の祭祀で、3日間水神と過ごすことになります。

有紗陽は最初の年、祭祀中に間違って湖に落ちてしまいました。

すると水神に呼ばれます。

 

ただ睨めっこして過ごすだけの3日間でしたが、水神は木の神に頼んで果実を用意しました。

そして有紗陽は食べて眠るだけで、水神はいつものように眺めていただけでした。

3日後もう良いと言って水神が地上に帰しました。

 

翌年は無事に終わりそうだったのに、村人たちが水神に呼ばれないことにざわつき始め、有紗陽は自ら湖に飛び込みました。

するとまた水神に呼ばれ、彼は何故とつぶやいたまま、同じような3日間を過ごしました。

その次の年からは、水神が湖の中に引き込むようになりました。

そして睨めっこの3日間を過ごします。

 

その次の次の年、有紗陽はあることに気付きます。

有紗陽の動きを少し真似していると言うことに。

だから有紗陽は去年思い切って、笑ってみました。

しかし水神はキョトンとしただけでした。

 

恥ずかしくなった有紗陽は、それからずっと俯いていました。

すると帰る直前、水神に上を向かされ次は俯くなと言われました。

何故と問う代わりに有紗陽は、笑いました。

有紗陽は今年こそ嫁入り時ではないかと不安に思っていました。

 

有紗陽が禊の最中、水神の加護を狙う輩が有紗陽を捕まえました。

水神の生贄3巻10話

有紗陽がさらわれ対策を、思案する月彦。

翠葉流も知ってしまい母に話しますが、もちろん有紗陽のために兵を出すことはありません。

しかし強くなった翠葉流は従うことなく、兵を引き連れ有紗陽奪還に向かいました。

 

水神のところには他の神が集結し、事態を楽しんでるようでした。

動かないと宣言する水神に、木の神は言います。

有紗陽を助けなければまた乙女が捧げられ、それを見捨てるのか、妻にするのかと。

 

有紗陽は他の村の狐雅彦という男の元へ連れて行かれます。

狐雅彦は、有紗陽に水神の加護を恵んでくれと言います。

そんな力ないと焦る有紗陽は、狐雅彦の後ろに水神が浮かんでいました。

しかし有紗陽以外には見えないようです。

 

助けてくれるわけないと分かっている有紗陽は、狐雅彦を蹴り飛ばし逃げようとしますが、すぐに捕まり頬を叩かれます。

それでも狐雅彦の後ろでただ眺めている水神が、悲しいと感じた有紗陽は泣いてしまいます。

すると雨が降り出し、狐雅彦は更に力を手に入れたがりました。

 

その夜相変わらず水神とにらめっこしている有紗陽の元に、翠葉流が助けに来ました。

有紗陽は嬉しくて翠葉流に抱きつきました。

無邪気なその様子に翠葉流は戸惑いました。

 

しかし敵に見つかってしまったので、二人は馬に乗って逃げ出します。

狐雅彦の射った矢が、翠葉流の肩に当たりました。

有紗陽は崖の上で馬を止め、剣を自分の首に突きつけます。

 

自分はこの世界で稀有な存在で、価値があるんだと確信していました。

そして崖から飛び降りました。

落ちる寸前、神様の目を見ながら。

 

去年俯くなと言った神様は、また3日間同じように過ごすつもりだったでしょと…。

水神が有紗陽を空中で受け止め怒りますが、有紗陽は笑いました。

水神は自分が試されていたと気付きました。

水神の生贄3巻11話

試されていたと知った水神は、一瞬怒りますが有紗陽の手が震えてることに気付き、抱えていた手を離してみます。

またしっかり抱きとめると、有紗陽は恐怖して震えたまま水神にしがみついてきました。

満足した水神は、笑って許してやると言いました。

 

水神の力でケガした翠葉流を馬ごと地面に下ろしました。

有紗陽が駆け寄ると、翠葉流のケガは治っていました。

振り返るともう水神はいませんでした。

 

水神の力を目の当たりにした狐雅彦は、必ず手に入れると笑って叫んでいました。

 

ムラに戻った有紗陽と翠葉流。

翠葉流は月彦に有紗陽を預け、戦に向かいました。

 

戦争でいてもたってもいられない有紗陽は、水神を呼びます。

戦いの様子を見せ有紗陽は訴えます。

水神とともに、空から見学します。

 

自分のせいで起こっている争いなので、泣いてしまう有紗陽でしたが雨が降り出し、水神の全てを洗い流せという言葉に我に返り、涙を引っ込めます。

戦場には翠葉流もいると、そんなことは出来せまん。

有紗陽が出ない声で何かを必死に訴える様を見て、水神はふと有紗陽の声を聞きたいと思いました。

 

声を戻してやると、有紗陽は大きい声で戦ってる人たちに、神様に文句を連発します。

水神の驚いてる顔を見て、有紗陽は自分の声が戻ったことに気付きます。

水神は急に爆笑し始め、大雨を降らせてくれました。

 

前も見えないので戦にならず、戦いは中断しました。

有紗陽の声や話し方が気に入ったのか、水神は笑いをこらえながら有紗陽は自分の妻だから助けてやると言いました。

有紗陽はようやく自分の声が水神に届いたと実感しました。

水神の生贄3巻12話

声が戻った有紗陽は泣いちゃいますが、水神はまた声を奪おうとします。

しかし有紗陽は拒否して、翠葉流の元へ戻して欲しいとお願いしました。

水神が有紗陽にとって翠葉流は何と聞かれて、友達で大事な人と言いました。

 

翠葉流のところに行くと、翠葉流は久々に聞く有紗陽の声に戸惑います。

変なのかと気にする有紗陽に可愛いと伝えました。

 

家に戻ると月彦に怒られました。

声を出して今までの感謝を伝えると、月彦も少し戸惑ったようです。

しかしそれよりも戦をさせない方法を考えようします。

 

月彦は有紗陽が戦のない世界から来たのだと聞きます。

有紗陽と同じ巫女だった人のときも、戦いが起こったと言います。

有紗陽のせいではなく、戦乱の世なのだと。

 

その夜、有紗陽は水神を呼びました。

水神は有紗陽も育ったので、そろそろ婚礼を挙げるかと聞きます。

しかし有紗陽は即答で嫌だと答えます。

 

何故と問う水神に、ハニワと自分どう違うのか聞きます。

水神はハニワと違って、動くし喋るという答えが返ってきて有紗陽は怒ります。

結婚は大事なことだから、きちんとお互いを分かり合ってからしたいと言いました。

 

水神もかげがえなく思えたらか、と納得した様子でした。

有紗陽はそうしたら自分のお願いを聞いて欲しいと言います。

元の世界に戻りたいと言って断られたり、無理だと言われるのか怖いと言い出しきれません。

 

翌日水神は人間に化けて現れました。

お互いが知り合うべきと言ったので、側にいるためと言います。

月彦には幻惑をかけて、有紗陽の付き人と思わせます。

 

湖の祭祀のために禊へと向かう有紗陽。

護衛でやってきた翠葉流は一度人間に化けた水神に会っているので、一目で正体に気付きます。

そして有紗陽をさらい、神の力を手に入れようというような不届き者の対処は翠葉流に任せると言いました。

 

有紗陽と水神の和やかな話し方に、翠葉流は子供の頃と印象が違うと思います。

二人が祭祀の3日間、視線を交わし自分の知らない時間を過ごしていたのだと感じます。

それでも有紗陽を守りたい気持ちは負けないと、心に誓うのでした。

スポンサーリンク

水神の生贄の登場人物を紹介!

有紗陽(あさひ)

自宅の庭から異世界に飛ばされた少女。赤毛にグレーの瞳。

水神(すいじん)

愚かな人間を嫌う一方、有紗陽への興味はある。

翠葉流(すばる)

有紗陽を村に連れてきた。水神や自分の母から守ろうと決意した。

紫衣那(しいな)

翠葉流の妹。有紗陽を不気味に思い恐れている。

月彦(つきひこ)

有紗陽の世話人。人の感情に敏感。

狐雅彦(こがひこ)

近くのムラの長。有紗陽の力を欲している。

水神の生贄3巻の感想ネタバレ

成長した有紗陽は美しくてなってましたが、まだ心は子供なようです。

そんな彼女の行動に翠葉流も水神も心乱されるようです。

ようやく声が戻りました!これで大分コミュニケーションとりやすくなるでしょう。

しかし有紗陽の力を欲する人、それと水神との婚礼、頼み事。

問題は山積みです。

いろんな伏線がありましたが、ようやく物語が本格的に始まりました。

個人的には母と妹に嫌悪する翠葉流が気になります。

気持ちは分かりますが積もり積もって、事件にならなければいいのですが。

水神の生贄3巻を無料で読む方法!試し読みも出来る!

さて面白かった水神の生贄、読みたくなってきたんじゃないでしょうか。そんなあなたのために今すぐ電子書籍で無料で読める方法をご紹介しましょう!

本屋に買いに行くのも、借りに行くのも天気次第で嫌になっちゃいますよね!ゲリラ豪雨も心配です。

それにネットでマンガを読むなんて通信量や料金、安全性なんかもいろいろ気になっちゃいますよね。

そこで安心出来る電子書籍サービスを3つ見つけて来ました!

それが、

です!

こちら3社ともポイントを貰えるので、3社全部組み合わせるとマンガ10冊分以上の電子書籍が無料で読むことが出来ますよ!

それでは、それぞれのおすすめポイントを紹介していこうと思います!

※記事作成時のものですので、最新の配信はこちらの公式サイトでチェックしましょう!

U-NEXTのおすすめポイント

国内の動画配信サービスの最大手といえば、U-NEXTです!

 

アプリ性能、コンテンツ数、対応端末・・・と以前よりも大幅に増えており、

現在では、動画配信だけに留まらないサービスへと発展しています。

しかも31日間無料キャンペーン!初めて登録した方は月額無料キャンペーンがついてきます。

契約したとしても月額1,990円(税別)ですが、課金用のポイント1,200円分付与されるので

実質790円で利用できちゃいます☆

 

しかも!!マンガだけでなく、映画もドラマもアニメも見放題!!

利用しない理由が見つからなーい!!

↓↓水神の生贄の電子書籍はこちらのU-NEXTから無料で読みましょう↓↓

FODのおすすめポイント

FODはフジテレビオンデマンドのことです。

フジテレビ公式のサービスですのでブランドは抜群ですね!

フジテレビは8にこだわりますwww

 

※無料期間中に最大1300ポイント分の漫画を無料で読むことができます!

 

月額888円(税抜)!毎月8のつく日は400ポイントプレゼント!!

8のつく日は月3回なので合計1200ポイント…ポイントが月額料金上回っちゃってます!!

更に電子書籍・マンガを1冊購入するごとに20%還元されます!

もちろん1ヶ月無料キャンペーンやってますし、フジテレビならではの月九のドラマが見れます!

ドラマも見ちゃう~ってあなたはFODがベスト!!

水神の生贄の電子書籍はこちらのFODから無料で読みましょう

music.jpのおすすめポイント

CMで馴染みのあるmusic.jpですが、

実は動画、電子書籍共にとっても充実してるんです。

マンガの新刊を読むなら絶対「music.jp」

このサービスはポイント制です。それだけ聞くと「え~動画見放題じゃないの~」となりそうですが、

そのポイントがヤッッッバイくらいもらえるんですっ!!

月額は3つのコースがあります。

コース 1780コース 1000コース 500コース
月額(税抜) 1,780円 1,000円 500円
違い比較 所持ポイント:1,992円分動画ポイント:3,000円分 所持ポイント:1,330円分動画ポイント:1,000円分 所持ポイント:640円分動画ポイント:500円分

もちろん定番の30日間無料キャンペーンもやってます。

music.jpのすごいところはそれだけじゃないんです。

なんと無料キャンペーン中に1,600円分のポイントがもらえちゃうっ!

初月でマンガ7冊分も読めちゃうんです!

さらにポイント還元がヤバイー!!

 

マンガ1冊買うごとに10%ポイント還元、同じ作品を5冊以上まとめ買いで還元が25%!!

5冊買うと1冊無料で買えちゃうんです。

しかも!新刊は単行本と同じ発売日に購入できるので、新刊を読み続けたい方にはおすすめです。

↓↓水神の生贄の電子書籍はこちらのmusic.jpから無料で読みましょう↓↓

まとめ

さて今回少女漫画大好き☆ゴロミが

  • 水神の生贄3巻のネタバレあらすじと感想
  • 水神の生贄を無料で読む方法

をご紹介してきました!

水神との距離が近づきましたね。その分翠葉流は複雑そうでしたが…。有紗陽は元の世界に帰りたい一心で、なかなか恋愛ということには前向きにはなれないようです。

それは当然ですが、有紗陽の美しさと無邪気さに惑わされた周りは大変そうです。人間に化けた水神とどんな関係になるのか気になりますね!

 

それではまたお会いしましょう!

少女漫画大好き☆ゴロミでした!ゴロニャーゴ☆

↓↓関連記事↓↓

 

水神の生贄の電子書籍はこちらのFODから無料で読みましょう

スポンサーリンク