【好きです鈴木くん!!】17巻ネタバレあらすじと感想!鶴姫伝が好評な爽歌と輝ついに結ばれる!

↓↓今すぐ好きです鈴木くん17巻を読みたい方はこちらから↓↓

 

お元気ですか?少女漫画大好き☆のの子です!

今回は好きです鈴木くん!!17巻について紹介したいと思います。

これぞティーンズ漫画!と言えるくらい、一筋縄ではいかない恋愛模様がとても魅力的です。最後までハラハラドキドキの展開があり、何度読み返して飽きのこない作品です。

小学生でまだ言葉の意味がわからなくても、可愛い絵だけで十分に楽しめます!

 

それでは少女漫画大好き☆のの子が

  • 好きです鈴木くん!!17巻のネタバレあらすじと感想
  • 好きです鈴木くん!!17巻を無料で読む方法

を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

好きです鈴木くん巻のあらすじと感想ネタバレ!

今回は鈴木(輝)・星野カップルメインのお話です。もう一組のカップル鈴木(忍)・伊藤はお休みですが、少しご紹介を。

こちらの鈴木くんはとても意地っ張りで、自分はお金持ちで何も怖いものなんてない、と思い込んでいました。伊藤は幼い頃から、輝一筋だったため、忍のことに関しては、興味もありませんでした。

しかしある日のこと、輝がさやかを、恋をしている目で見つめているところを見てしまいます。それを見て辛そうにしているちひろを発見し、忍はその顔に一目惚れしてしまいます!

二人はいずれ付き合うことになりますが、ちひろが輝を忘れられないがために、一度別れてしまい、忍はそのことでちひろに強く当たるようになります。

高校生になり二人は再会しますが、忍は変わってしまっていました。が、実はまだちひろを想い純粋なままだったのです。そこからちひろの猛アタックにより、二人は無事結ばれるのです。

好きです鈴木くん17巻のあらすじ紹介!

鈴木(輝)・星野カップルです。この2人は、自分たちの片想いに気付くまでとても時間がかかりますが、結局お互いにどうしようもなく好きになってしまい、輝から告白してしまいます。

さやかの答えはもちろんOKだったので、付き合うことに!しかし、さやかの引っ越し、取り返しのつかない過ち、記憶喪失、スキャンダルなど、何度も2人の間に壁が立ちはだかります。

その幾度となくくる困難に、輝はおじけず立ち向かいます。


爽歌と輝は、爽歌の両親の転勤がきっかけで、お互い離れ離れになってしまったまま、大学生になります。しかし実は、引っ越しの途中に爽歌と両親の乗っていた車が事故にあってしまいます。

爽歌は何とか助かりますが、両親は亡くなってしまい、あまりのショックに爽歌は記憶をなくしてしまいます。そんな時現れたのが、後に爽歌のマネージャーとなる「たくみさん」。

辛い時を一緒に過ごした2人は付き合い始め、一線を超えてしまいます。そんなことがあったとは知らない輝は、事故の話を聞いてすぐに爽歌に会いに行きます。

しかしもちろん、爽歌は輝には気付きません。輝は、今の爽歌の幸せを奪ってはいけない、でももう一度2人の時間を過ごしたい、そう思い、また一から爽歌に片思いすると宣言します。

その努力が実り爽歌は記憶を取り戻しますが、たくみさんとの関係もあり、輝に近づくことができません。それでも2人の強い想いが通じ、無事付き合うことに!

スポンサーリンク

好きです鈴木くん!!17巻の登場人物を紹介!

星野爽歌(ほしのさやか)

両親が共働きのため、1人で家にいることが多く内気な性格。寂しさを紛らわすためにドラマをみて俳優の真似をする。この影響で彼女は女優を志す。しかし人前に立つと力が発揮できず、友達作りすらままならない女子中学生。学校の屋上で、誰にも内緒で演技をするのが楽しみ。

鈴木輝(すずきひかる)

バスケ部に所属。明るく元気な性格。爽歌が学校の屋上で演技しているのを見つけ感動し、彼女のことをだんだん意識するようになる。

伊藤ちひろ(いとう)

輝の幼馴染で、輝に片思いしている。バスケ部だったが怪我をして、バスケができなくなった。それをきっかけに、輝はバスケを始める。

鈴木忍(すずきしのぶ)

傲慢でお金持ちの、ドS王子キャラ。ふとしたことからちひろに想いを寄せるようになるが、爽歌と輝のことが気に入らない。

好きです鈴木くん!!17巻の感想ネタバレ

この17巻では、再び付き合い始めた2人が一夜を共にし、大人になる回です。やっと結ばれたのだなと、本当に感動する話です!

出会ってから今まで、中高、社会人と輝と想いは通じ合っているものの困難に阻まれてきた二人です。本当に結ばれて良かったです!

鶴姫伝ではやはり号泣…。切なすぎます!輝と爽歌は鶴姫と明成の生まれ変わりなんじゃないかなと思いました!そしてエリカの初舞台はメチャクチャですね。あんなアドリブの応酬、怒られますよ(笑)

それからついに卒業式ですが、舞台がメインだったせいかあっさり終えましたね。みんなが気になったのは答辞がじゃないでしょうか(笑)これは輝たちと関わりなかったら分からないんじゃないですかね。

さて、次の18巻がいよいよ最終巻です!楽しみですね!

好きです鈴木くん!!17巻を無料で読む方法!試し読みも出来る!

さて面白かった好きです鈴木くん!!17巻、読みたくなってきたんじゃないでしょうか。そんなあなたのために今すぐ電子書籍で無料で読める方法をご紹介しましょう!

本屋に買いに行くのも、借りに行くのも天気次第で嫌になっちゃいますよね!ゲリラ豪雨も心配です。

それにネットでマンガを読むなんて通信量や料金、安全性なんかもいろいろ気になっちゃいますよね。

そこで安心出来る電子書籍サービスを3つ見つけて来ました!

それが、

です!

こちら3社ともポイントを貰えるので、3社全部組み合わせるとマンガ10冊分以上の電子書籍が無料で読むことが出来ますよ!

それでは、それぞれのおすすめポイントを紹介していこうと思います!

※記事作成時のものですので、最新の配信はこちらの公式サイトでチェックしましょう!

U-NEXTのおすすめポイント

国内の動画配信サービスの最大手といえば、U-NEXTです!

 

アプリ性能、コンテンツ数、対応端末・・・と以前よりも大幅に増えており、

現在では、動画配信だけに留まらないサービスへと発展しています。

しかも31日間無料キャンペーン!初めて登録した方は月額無料キャンペーンがついてきます。

契約したとしても月額1,990円(税別)ですが、課金用のポイント1,200円分付与されるので

実質790円で利用できちゃいます☆

 

しかも!!マンガだけでなく、映画もドラマもアニメも見放題!!

利用しない理由が見つからなーい!!

↓↓好きです鈴木くん!!17巻の電子書籍はこちらのU-NEXTから無料で読みましょう↓↓

FODのおすすめポイント

FODはフジテレビオンデマンドのことです。

フジテレビ公式のサービスですのでブランドは抜群ですね!

フジテレビは8にこだわりますwww

 

※無料期間中に最大1300ポイント分の漫画を無料で読むことができます!

 

月額888円(税抜)!毎月8のつく日は400ポイントプレゼント!!

8のつく日は月3回なので合計1200ポイント…ポイントが月額料金上回っちゃってます!!

更に電子書籍・マンガを1冊購入するごとに20%還元されます!

もちろん1ヶ月無料キャンペーンやってますし、フジテレビならではの月九のドラマが見れます!

ドラマも見ちゃう~ってあなたはFODがベスト!!

 

好きです鈴木くん!!17巻の電子書籍はこちらのFODから無料で読みましょう

music.jpのおすすめポイント

CMで馴染みのあるmusic.jpですが、

実は動画、電子書籍共にとっても充実してるんです。

マンガの新刊を読むなら絶対「music.jp」

このサービスはポイント制です。それだけ聞くと「え~動画見放題じゃないの~」となりそうですが、

そのポイントがヤッッッバイくらいもらえるんですっ!!

月額は3つのコースがあります。

コース 1780コース 1000コース 500コース
月額(税抜) 1,780円 1,000円 500円
違い比較 所持ポイント:1,992円分動画ポイント:3,000円分 所持ポイント:1,330円分動画ポイント:1,000円分 所持ポイント:640円分動画ポイント:500円分

もちろん定番の30日間無料キャンペーンもやってます。

music.jpのすごいところはそれだけじゃないんです。

なんと無料キャンペーン中に1,600円分のポイントがもらえちゃうっ!

初月でマンガ7冊分も読めちゃうんです!

さらにポイント還元がヤバイー!!

 

マンガ1冊買うごとに10%ポイント還元、同じ作品を5冊以上まとめ買いで還元が25%!!

5冊買うと1冊無料で買えちゃうんです。

しかも!新刊は単行本と同じ発売日に購入できるので、新刊を読み続けたい方にはおすすめです。

↓↓好きです鈴木くん!!17巻の電子書籍はこちらのmusic.jpから無料で読みましょう↓↓

まとめ

少女漫画大好き☆のの子が

  • 好きです鈴木くん!!17巻のネタバレあらすじと感想
  • 好きです鈴木くん!!17巻を無料で読む方法

を紹介しました。

次の18巻でいよいよ最終回!予告でいろいろあるものの、どんな話になるのか気になって仕方がありません。二人の、いや4人の運命やいかに!

 

それではまたお会いしましょう!

少女漫画大好き☆のの子でした!ゴロニャーゴ☆

↓↓今すぐ好きです鈴木くん!!17巻を読みたい方はこちらから↓↓

スポンサーリンク