【悪い子でもいいの】最新7話ネタバレあらすじと感想!マーガレット2019年6号2月20日発売

お元気ですか?少女漫画大好き☆ゴロミです!

マーガレットの最新話のネタバレと感想、考察についてご紹介したいと思います。

今回はマーガレット2019年6号2月20日発売の悪い子でもいいの7話です!

 

それでは、少女漫画大好き☆ゴロミが

  • 悪い子でもいいの7話のネタバレあらすじと感想

を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

悪い子でもいいの7話のあらすじと感想ネタバレ!

それでは早速悪い子でもいいののあらすじと感想を紹介したいと思います。

悪い子でもいいのの登場人物を紹介!

望月ショコラ(もちづき)

高1。小さい頃から和奈が好きで、小学生からずっとギャル。

椿木和奈(つばきかずな)

ショコラの幼なじみでクラスの担任。

中原未央(なかはらみお)

通称バブちゃん。ショコラの幼なじみ。成長してモテ始めた。

梶田愛奈(かじたまな)

ショコラの小さい頃から仲のいいお姉さん。保健室の先生。

悪い子でもいいの7話のあらすじと感想紹介!

愛菜にバブちゃんちょうだいと言われて、ハッキリと返事ができません。

愛菜が和奈の何かを知ってるような言い方をしましたが、ショコラのハッキリしない態度に愛菜はバブちゃんをキープはするなと言ってきます。

そこに友だちが来て、ショコラが援交してるという噂がたってると教えてくれました。

 

和奈に呼び出され、自分が援交おじさんだと間違われたことにショック受けてます。

そのせいでしばらく学校外はもちろん、学校でも無駄な接触はしないように言われます。

その会話を聞いていたバブ。

ショコラに近づかないで守るように良いますが、結局和奈に言い負かされます。

 

放課後ショコラがバブと話してると、また陰口を叩かれます。

それをバブが一蹴して守りました。

ショコラは嬉しくて涙が出てきました。

そんなショコラを見て、バブは抱きしめました。

スポンサーリンク

まとめ

さて今回少女漫画大好き☆ゴロミが

  • 悪い子でもいいの7話のネタバレあらすじと感想

をご紹介してきました!

 

それではまたお会いしましょう!

少女漫画大好き☆ゴロミでした!ゴロニャーゴ☆

スポンサーリンク