【甘くない彼らの日常は。】最新4話のネタバレ感想と!デザート2019年6月号4月24日発売

お元気ですか?少女漫画大好き☆ゴロミです!

今回は新連載の甘くない彼らの日常は。4話を紹介したいと思います。

 

作者は私のオオカミくんを描いていた野切耀子先生!

これはかなり期待できる作品となりそうです。

 

それほど少女漫画大好き☆ゴロミが

  • 甘くない彼らの日常は。4話のあらすじと感想

を紹介したいと思います!

スポンサーリンク

甘くない彼らの日常は。4話のあらすじと感想ネタバレ!

それでは早速「甘くない彼らの日常は。」のあらすじと感想を紹介したいと思います。

甘くない彼らの日常は。の登場人物を紹介!

七海緑(ななみみどり)

父親が借金して苦労してる貧乏少女。

一条礼(いちじょうれい)

一条財閥御曹司。一人暮らし。

五嶋千尋(ごしまちひろ)

五嶋組跡取り。

家入雪之丞(いえいりゆきのじょう)

医者の息子。

紺(こん)

緑の弟。

コタロウ

一条の犬。コーギー。

甘くない彼らの日常は。4話のあらすじと感想紹介!

月曜日、体育祭です。

一条は熱は下がったものの、咳が続いててマスクをしています。

看病してくれた七海にお礼を言いました。

 

出場競技も千尋が交代してくれると言います。

でも千尋と雪も選手の種目は、出場しなくちゃいけないと言います。

そこで一条のために何かしたいと思ってた七海が、代わることを提案しました。

みんなが七海はどんくさいと思ってたようですが、七海は意外と足が早いことを自慢します。

 

3人共、運動が出来て女子からドンドン人気になっててしまってます。

なんとなく胸がもやもやする七海。

七海が100メートル走で走ってるのを見て、3人は感心したようです。

 

千尋が出た借り物競争で、七海と目のあった千尋は七海を連れてゴールしました。

その後にお題が異性の友達だったと知り、七海は喜びます。

喜ぶ奴が珍しいと言う千尋に、七海は女子が3人と仲良くなりたいと思ってることを教えます。

待ってた一条と雪のとこに女子が群がってるのを見つけて、千尋に見せます。

 

その光景が少し不快な気分になって、その気持の正体を悩む七海。

そのときに人にぶつかられて、足に痛みが走ります。

人目につかないとこで、足の確認をしてると一条が来ました。

絡まれて面倒だったので逃げてきたと言います。

 

お祭り気分で絡んでくる女子たちを、不機嫌に思ってました。

そして七海だけが自分たちを色眼鏡で見なかったと、言ってくれました。

七海はみんなで仲良くじゃなくて、特別になることが嬉しいんだと自覚しました。

 

競技が進むに連れて、七海の足の痛みが増していきます。

一条の代わりのリレーに向かおうとしますが、足の怪我に気付いてた一条に止められました。

リレーに出た一条は素晴らしい走りを見せ、七海のクラスは一位をとりました。

 

リレー後七海は一条と一緒に保健室へ。

痛めた足を手当してもらいました。

一条は処方された薬を飲んで眠くなったと、寝ることにしました。

一条の顔が青いのに気付いてる七海は、優しい嘘を見抜きます。

 

保健室からの帰り、雪と会いました。

一条の居場所を教えると、雪は一条のことが好きなのかと聞いてきました。

支えになりたいと思ってることを伝えると、雪は七海に壁ドンして必要ないと言いました。

状況がつかめずポカンとする七海でした。

 

雪は一条のことが好きなんじゃないかフラグです!

仲良しな友達から実は思われてたパターン。

よくありますよね!

雪の牽制がこれで終わるのかも気になるところです。

スポンサーリンク

まとめ

今回も少女漫画大好き☆ゴロミが

  • 甘くない彼らの日常は。4話のあらすじと感想

を紹介しました。

 

それではまたお会いしましょう!

少女漫画大好き☆ゴロミでした!ゴロニャーゴ☆

スポンサーリンク