【はたらく細胞フレンド】4話のネタバレあらすじと感想を紹介!別冊フレンド2019年3号2月13日発売

お元気ですか?少女漫画大好き☆ゴロミです!

別冊フレンドの最新話のネタバレと感想、考察についてご紹介したいと思います。

今回は別冊フレンド2019年3号2月13日発売はたらく細胞フレンド4話です!

 

それでは、少女漫画大好き☆ゴロミが

  • はたらく細胞フレンド4話のネタバレあらすじと感想

を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

はたらく細胞フレンド4話のあらすじと感想ネタバレ!

それでは早速はたらく細胞フレンドのあらすじと感想を紹介したいと思います。

はたらく細胞フレンドの登場人物を紹介!

キラーT細胞の班長

ヘルパーT細胞の命令に酔って出動し、ウイルスに感染した細胞やがん細胞を殺す。

赤血球(せっけっきゅう)

血流にのって酸素を体中に届け、二酸化炭素を肺に運ぶ。

白血球(はっけっきゅう)

外部から侵入した細菌やウイルスなど異物の排除をする。

はたらく細胞フレンド4話のあらすじと感想紹介!

花粉症の班長。

家に帰りたいと思ってるところに、赤血球が来てお花見に誘います。

行きたいものの花粉症なので、断ることに。

 

それでも食い下がってきましたが、白血球が無理強いを止めました。

しかし白血球の紫外線が怖いとの挑発(?)にのって、行くと言ってしまった班長。

 

お花見当日、やはり花粉がひどく、後悔する班長。

花粉症の天敵、香辛料多めの料理。

冷えを招くアイス。

血管を拡張して症状の悪化するビールなど班長の心の中は絶叫。

 

そこに酔っ払った赤血球がスギ花粉を連れてきて、増殖。

パニックになりましたが、免疫細胞たちの活躍でスギ花粉を鎮圧しました。

 

服に花粉がいっぱいついた班長は、酔って寝ていた赤血球にかけました。

それにときめいた赤血球は、後日また誘って班長に嫌がられるのでした…。

 

イメージを崩すまいと、頑張る班長。

頑張りは素晴らしいですね!

赤血球の自覚ないいじめも面白いです。

スポンサーリンク

まとめ

さて今回少女漫画大好き☆ゴロミが

  • はたらく細胞フレンド4話のネタバレあらすじと感想

をご紹介してきました!

 

それではまたお会いしましょう!

少女漫画大好き☆ゴロミでした!ゴロニャーゴ☆

スポンサーリンク