【忍恋】7話ネタバレ感想と考察!花とゆめ2019年1号12月5日発売

 

お元気ですか?少女漫画大好き☆のの子です!

花とゆめの最新話のネタバレと感想、考察についてご紹介したいと思います。

今回は花とゆめ2019年1号12月5日発売の忍恋7話です!

 

前回は紗々女の命を救ったことによって、抜け忍にされそうだったところに楓がかっこよく登場しました。ついに再会を果たした楓と、杏子。次はどうゆう展開になるんでしょう。

前回の話はこちら⇒【忍恋】最新6話ネタバレ感想と考察!花とゆめ2018年23号11月5日発売

 

それでは、少女漫画大好き☆のの子が

  • 忍恋7話のネタバレあらすじ
  • 忍恋7話の感想・考察

を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

忍恋7話のあらすじと感想ネタバレ!

それでは早速忍恋のあらすじと感想を紹介していきたいと思います。

忍恋7話のあらすじと感想紹介!

目の覚めた杏子は楓の邸宅に寝ていて、隣には楓がいてビックリです。

 

杏子は恋する乙女のように、楓に会いに来た理由を話しましたが、楓は4年前と変わらない嘘つき楓でした。

そして抜け忍の罪をかぶらなくていいように、側人となるように強制しました。

楓の意地悪な態度に嫌で、杏子は断りますがブラックな楓に押し切られてしまいました。

 

執事の福村さんに楓について聞きますが、先代の側人の虎の巻を渡されました。

そして主人に恋をしてはならないと釘を刺された上に、側人として信用してないと言われました。

 

楓とプラネタリウムを眺めながら、少し恋をしてはいけないという文言が気になりました。

 

楓は杏子のことが大好きだから側人にしないということを前回言っていましたよね。

しかし杏子のピンチに側人にすることになってしまいました。

でも結婚するのは紗々女なんですよね。

 

そう言えば自分の娘とそっくりな杏子を見たお祖母さんは、一体どうゆう反応をしたんでしょうか?

紗々女のこともありますし、あんまりひどいことはしないと思うのですが…。

紗々女もこれからどんな手段に出るのか気になります!

忍恋の登場人物を紹介!

杏子(あんこ)

忍び見習い。小さい頃に出会った楓のことが忘れられない。

鐵男(てつお)

杏子の同期で中忍。昔から杏子が好き。

楓(かえで)

杏子の想い人。花山院家党主。

紗々女(ささめ)

杏子の同期。御堂家ご落胤として里を出た。

福村(ふくむら)

楓の執事。

まとめ

さて今回少女漫画大好き☆のの子が

  • 忍恋7話のネタバレあらすじ
  • 忍恋7話の感想・考察

をご紹介してきました。

ついに忍恋の1巻が2019年2月20日に発売されます!どんなカバーになるのか、楽しみですね!

 

それではまたお会いしましょう!

少女漫画大好き☆のの子でした!ゴロニャーゴ☆

スポンサーリンク