【空色レモンと迷い猫】最新33話ネタバレあらすじと感想!マーガレット2019年9号4月5日発売

お元気ですか?少女漫画大好き☆ゴロミです!

マーガレットの最新話のネタバレと感想、考察についてご紹介したいと思います。

今回はマーガレット2019年9号4月5日発売の、空色レモンと迷い猫33話です!

 

前回、激しい雷雨のせいで帰る新幹線が動かずお泊りになってしまった渚。週刊誌の餌食になるのか!

前回の話はコチラ⇒【空色レモンと迷い猫】最新32話ネタバレあらすじと感想!マーガレット2019年8号3月20日発売

 

それでは、少女漫画大好き☆ゴロミが

  • 空色レモンと迷い猫33話のネタバレあらすじと感想
  • 空色レモンと迷い猫を無料で読む方法

を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

空色レモンと迷い猫33話のあらすじと感想ネタバレ!

それでは早速空色レモンと迷い猫のあらすじと感想を紹介したいと思います。

空色レモンと迷い猫の登場人物を紹介!

瀬戸渚(せとなぎさ)

初恋を引きずっていたが大和と恋人に。世の中に疎い。

上条大和(かみじょうやまと)

若手俳優。監督殴り、干される。

間翔太(はざましょうた)

人気急上昇中の若手俳優。

空色レモンと迷い猫33話のあらすじと感想紹介!

お泊りするしかなくなった渚。

親に連絡するとあっさり承諾してくれます。

大和はテンション上がっちゃってます。

 

渚が風呂から上がると、自分の服着る彼女に萌えまくります。

渚は変な空気に耐えきれず、作ってきたミニアルバムを一緒に見ようと提案します。

大和は一緒に見ようと言って、渚を足の間に座らせます。

大和の温もりが伝わってきて眠くなる渚。

まだ一緒に起きてたいと抵抗しますが、大和がゆっくり寝ようと言ってくれました。

 

渚は大和のベッドに、大和はリビングのソファーで寝ると言います。

大和のベッドで緊張して渚が眠れないでいると、大和が入ってきました。

そして一緒に寝ようと強引にベッドに入ってきました。

 

少しでも長く一緒にいたいという大和。

結局渚は大和に抱きしめられたまま、眠ることが出来ずに寝不足のまま帰りました…。

 

それから一ヶ月大和のCMも流れ始め、渚は広島に仕事できた大和と地元で会っていました。

二人が手をつなごうとしたとき、マネージャーさんが登場しました。

マネージャーさんが気をつけるように言ったのにと、きつい口調で言っても大和はスネるだけです。

マネージャーさんは明日これがネット記事に出ると、渚と大和の密会デートの写真を見せてきました。

 

やっぱり心配してた通り撮られてましたね。

しかもCM放送されるの待ってたようなタイミング!

これによって大和がどんな打撃を受けるのか、二人の関係はどうなっていってしまうのか気になりますね。

スポンサーリンク

空色レモンと迷い猫を無料で読む方法!試し読みも出来る!

さて面白かった空色レモンと迷い猫、読みたくなってきたんじゃないでしょうか。そんなあなたのために今すぐ電子書籍で無料で読める方法をご紹介しましょう!

本屋に買いに行くのも、借りに行くのも天気次第で嫌になっちゃいますよね!

それにネットでマンガを読むなんて通信量や料金、安全性なんかもいろいろ気になっちゃいますよね。

そこで安心出来る電子書籍サービスを見つけて来ました!

それが、

FOD」

です!

こちらポイントを貰えるので、電子書籍が無料で読むことが出来ますよ!

それでは、それぞれのおすすめポイントを紹介していこうと思います!

※記事作成時のものですので、最新の配信はこちらの公式サイトでチェックしましょう!

FODのおすすめポイント

FODはフジテレビオンデマンドのことです。

フジテレビ公式のサービスですのでブランドは抜群ですね!

フジテレビは8にこだわりますwww

 

※無料期間中に最大1300ポイント分の漫画を無料で読むことができます!

 

月額888円(税抜)!毎月8のつく日は400ポイントプレゼント!!

8のつく日は月3回なので合計1200ポイント…ポイントが月額料金上回っちゃってます!!

更に電子書籍・マンガを1冊購入するごとに20%還元されます!

もちろん1ヶ月無料キャンペーンやってますし、フジテレビならではの月九のドラマが見れます!

ドラマも見ちゃう~ってあなたはFODがベスト!!

 

空色レモンと迷い猫の電子書籍はこちらのFODから無料で読みましょう

まとめ

さて今回少女漫画大好き☆ゴロミが

  • 空色レモンと迷い猫33話のネタバレあらすじと感想
  • 空色レモンと迷い猫を無料で読む方法

をご紹介してきました!

 

それではまたお会いしましょう!

少女漫画大好き☆ゴロミでした!ゴロニャーゴ☆

スポンサーリンク