【吸血鬼のアリア】最新2話ネタバレ感想と考察!花とゆめ2018年23号11月5日発売

 

お元気ですか?少女漫画大好き☆ゴロミです!

花とゆめの最新話のネタバレと感想、考察についてご紹介したいと思います。

今回は花とゆめ2018年23号11月5日発売の吸血鬼のアリア2話です!

 

前回は、始まった初連載。キレイな絵で読みやすかったです。今回は話が進展するのか楽しみですね!

前回の話はこちら⇒【吸血鬼のアリア】新連載1話ネタバレと感想!花とゆめ2018年22号10月20日発売

それでは、少女漫画大好き☆ゴロミが

  • 吸血鬼のアリア2話のネタバレあらすじ
  • 吸血鬼のアリア2話の感想・考察

を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

吸血鬼のアリア2話のあらすじと感想ネタバレ!

それでは今注目の吸血鬼のアリア2話のあらすじを早速紹介していきましょう!

吸血鬼のアリア2話のあらすじ紹介!

家で魔物の接待が入ってしまって、ルナは外にお出かけすることになりました。

幸い、今日は「魂の祭典ロガールティエ」で、魔物が集まるので紛れ込みやすいと言われます。

テオドールがお守り役です。

テオは手のひらに傷をつけ顔に塗り、狼に変身しました。

テオの背中で約束事の確認です。

「大きな声は出さない。牙がないのが分かっちゃうから大きな口は開けない。

はぐれないようにテオと手を繋ぐこと」

テオは兄からルナの記憶が無いことを聞き、守る決意を固くしていました。

 

お祭りの広場で、はしゃぐルナ。

テオが魂の祭典のことを教えてくれます。

亡くなったことを祝う祭りなんだと。

魔物はとても長生きだから、たくさん貢献した人が亡くなったときにみんなで讃えるんだと言います。

「父さまと母さまが亡くなったとき以来…」

テオが寂しそうな顔で言います。

「テオの好きなものはなーに?」

「僕はルナの好きなものだったらぜーんぶ好きだよ」

励ましたかったルナは、テオの返しに困ります。

 

二人でお祭りを楽しみだします。

テオはデートみたいだと思います。

占いに行くと「緑のでっかいのに気をつけろ」と言われます。

ルナのことがバレそうになり、急いで逃げます。

 

お茶を飲んで一休みしてると、テオの友達が話しかけてきます。

ルナが話したいなと思ってると、テオが手を握ってしっとジェスチャーします。

その時二人の間に、ガイコツの頭が落ちてきました。

「あたまとれちゃった!!」

大きな声に店内の魔物たちが注目します。

テオは、

「悪い。俺の大事な娘だから手出さないでくれる?」

そう宣言して、逃げました。

 

森の中まで走って、ルナはテオが怒ってると思って謝ります。

しかしテオは大声を出して笑い出しました。

今日のことを楽しかったと振り返るルナ。

「いつかルナもみんなとおともだちになれるかな」

その言葉に、少し胸が痛むテオ。

しかし人間と魔物が一緒に…と願わずにはいられないのでした。

 

ルナがコウモリのぬいぐるみを渡します。

ルナからのプレゼントに涙が出そうになるくらい喜ぶルナ。

 

そして二人は仲良く帰路につきました。

スポンサーリンク

吸血鬼のアリアの登場人物を紹介!

ルナ

ジークの屋敷の荷車に紛れ込んでた人間の少女。見た目は15、6だが、中身は5、6歳。

ジークフリート・ローゼンハイン

当主。吸血鬼兄。髪が長く笑わない。両親を失った幼少期に当主になると決意し、たくさんのことを身に着けてきた。

テオドール・ローゼンハイン

吸血鬼弟。人懐っこくてよく笑う。考えるよりも体が先に動くタイプ。

デルタ・ブルーグレイス

吸血鬼の眷属で小さい頃から、二人を厳しく育ててきた。愛娘がいる。

マーキス・ブルーグレイス

眷属で仕える身。

リオ・ブルーグレイス

同じく眷属。メガネで泣き虫。

吸血鬼のアリア2話の感想と考察

今回もルナは可愛いですね~!

初の魔界お出かけ、楽しそうでした。

テオにデートという考え方があるのなら、普通にルナに恋する日は近いんじゃないでしょうか…。

ルナにはそうゆうのないだろうけど(笑)

今回はテオばかりでジークは残念ながら出番少なかったです!

しかし占いの緑のでっかいの出てきませんでしたね。

次回の伏線でしょうか。どんなピンチになるのか楽しみです!

まとめ

さて今回少女漫画大好き☆ゴロミが

  • 吸血鬼のアリア2話のネタバレあらすじ
  • 吸血鬼のアリア2話の感想・考察

をご紹介してきました。

 

それではまたお会いしましょう!

少女漫画大好き☆ゴロミでした!ゴロニャーゴ☆

 

関連記事⇒【吸血鬼のアリア】新連載1話ネタバレと感想!花とゆめ2018年22号10月20日発売

スポンサーリンク