【春と恋と君のこと】最新3話のネタバレあらすじ別冊マーガレット2019年6月号5月13日発売

お元気ですか?少女漫画大好き☆ゴロミです!

春と恋と君のことの最新話のネタバレと感想、考察についてご紹介したいと思います。

今回は別冊マーガレット2019年6月号5月13日発売の、春と恋と君のこと3話です!

 

前回、友達として瀬田のことが気になるものの、他の女子からどう思われるのか分からず挙動不審になってしまう紘果なのでした。

前回の話はコチラ⇒【春と恋と君のこと】最新2話のネタバレあらすじ別冊マーガレット2019年5月号4月12日発売

 

それでは、少女漫画大好き☆ゴロミが

  • 春と恋と君のこと3話のネタバレあらすじと感想

を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

春と恋と君のこと3話のあらすじと感想ネタバレ!

それでは早速春と恋と君のことのあらすじと感想を紹介したいと思います。

春と恋と君のことの登場人物を紹介!

三島紘果(みしまひろか)

恋愛感情が分からない。過去のトラウマに怯えている。

松山瑠々(まつやまるる)

紘果の同室。

瀬田藍里(せたあいり)

同じ一年のイケメン。ナルでキャラ作ってる。

須東泰臣(すとうやすおみ)

瀬田と同室のイケメン。

春と恋と君のこと3話のあらすじと感想紹介!

週末、同室の瑠々が帰ってしまってなんとなく微妙な気分。

ちょうど出かけようとしてた藍里を見送ろうとしたものの、藍里は紘果が落ち込んでるのに気づきました。

同室の瑠々が帰ってしまい、寝る時一人だと話します。

藍里にホームシックだと言われて、そんな子供じゃないと認めません。

変なとこ頑固ですね。

 

藍里は気分転換に紘果と一緒に買物に来ました。

学校の子に見られないように遠くへ来てくれたようですが、モテてるのに休みの日に付き合ってくれてありがとうと言われて焦ります。

紘果が女子の視線を感じると言うと、藍里は誇ります。

そこに見知らぬ女子から写真を一緒にとってほしいと頼まれました。

この見知らぬイケメンと写真撮るって行為、不思議ですよね。

 

写真撮ってる間、素の純粋ナルシストの藍里。

藍里は写真を撮りたくなるほどイケメンなのかと、藍里のことを知らないなと思いました。

カフェで休憩中、素の藍里で全然モテるのにと話しました。

でも藍里は中学のときいじられキャラになって、モテなかったことを後悔してるようです。

中学と高校じゃ違いますけどね~愛されイケメンいいじゃないか。

 

中学時代本気で迫ってくる女子が時々いたので、それで積極的な女の子が苦手になったと話ました。

全く興味のない紘果に、藍里は安心してるようでした。

帰り道、母から電話が来てやっぱり寂しい気持ちが出てきてしまった紘果。

それでも認めないなんて…。

 

あおのとき目に入ったゲーセンで、抱きしめて寝るのにちょうど良さそうなウサギのぬいぐるみがありました。

いらないと言う紘果のことを無視して、藍里が取ってくれました。

こんなに紘果に優しくしてくれる藍里はボランティアの人みたいだと言いました。

表現…。優しいでいいのにw

 

藍里は素で話せる存在である紘果に救われてると、ウサギを押し付けながら言いました。

紘果はそれならキャラ作りやめればいいと言ってきます。

更に作ったキャラがつまんないともw

紘果は葛藤しつつも、ウサギのぬいぐるみをもらいました。

そこまで悩まんでも!真面目だな~。

 

代わりに紘果は取れた世界一いらないやつをあげると言って、バナナにつかまってしまった人ストラップをくれました。

藍里は全く嬉しくなそう。

寮に帰った紘果は、管理のお兄さんに出かけたときよりも元気になったと声をかけられます。

そしてホームシックになる子が多いと聞いて、安心しました。

こうゆうことにこだわる辺りが子供ですけどね!

 

結局その場で母に連絡して、来週は家に帰ることにしました。

別れ際に、紘果が藍里はのことをやたらと聞いてきてのを気にしました。

まさか紘果が自分に恋心が…と心配したのですが、紘果は友達のことは知りたいと普通です。

これが紘果が藍里のことを好きになるフラグなんじゃ…。

 

だって登場人物、今のとこ藍里だけですからね!w

それに恋愛に鈍い紘果はきっと自分の気持に気づくの遅いはず…。

でも意外と藍里が紘果に好かれるの嫌そうですね。

スポンサーリンク

まとめ

さて今回少女漫画大好き☆ゴロミが

  • 春と恋と君のこと3話のネタバレあらすじと感想

をご紹介してきました!

 

それではまたお会いしましょう!

少女漫画大好き☆ゴロミでした!ゴロニャーゴ☆

スポンサーリンク