【忍恋】最新8話ネタバレ感想と考察!花とゆめ2019年2号12月20日発売

 

お元気ですか?少女漫画大好き☆ゴロミです!

花とゆめの最新話のネタバレと感想、考察についてご紹介したいと思います。

今回は花とゆめ2019年1号12月20日発売の忍恋8話です!

 

前回は楓に命を救われ側人になることとなったものの、二人の間には前とは違って壁ができたようです。

前回の話はこちら⇒【忍恋】7話ネタバレ感想と考察!花とゆめ2019年1号12月5日発売

 

それでは、少女漫画大好き☆ゴロミが

  • 忍恋8話のネタバレあらすじ
  • 忍恋8話の感想・考察

を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

忍恋8話のあらすじと感想ネタバレ!

それでは早速忍恋のあらすじと感想を紹介していきたいと思います。

忍恋の登場人物を紹介!

杏子(あんこ)

忍び見習い。小さい頃に出会った楓のことが忘れられない。

鐵男(てつお)

杏子の同期で中忍。昔から杏子が好き。

楓(かえで)

杏子の想い人。花山院家党主。

紗々女(ささめ)

杏子の同期。御堂家ご落胤として里を出た。

福村(ふくむら)

楓の執事。

皇紀(こうき)

杏子の助けた犬の買い主。楓と幼なじみ?

忍恋8話のあらすじと感想紹介!

側忍になって3日、楓は不規則な生活の上、家から一歩も出ません。

仕事がほしい杏子は、イライラし始めました。

 

そこに皇紀がやってきました。

皇紀の父親の命令で、一緒に食事に行くように言われますがもちろん楓は断ります。

このとき父親が話してた昔二人に起こったことってなんなんでしょう。

こんな長い間中途半端に仲悪くなることって…。

 

杏子は楓の客を代わりに接待することが仕事になると解釈し、皇紀と一緒に出かけようとします。

世間知らずの杏子のために、スカイツリーに来た皇紀。

しかし結局楓もついてきてます。

最初っから杏子好き感が半端ないっす!

 

杏子と二人になった皇紀が、華山院家の長子にふりかかる呪いについて教えてあげました。

華山院家の長子は今まで20歳まで生きたことがなく、楓は既に18歳だということを。

 

楓に確認をしますが、あっさりと認められちゃいます。

そして死なないように頑張ると言いました。

 

つまりはかなり死ぬ確率の高い1年を側忍として守るように言われちゃったってことですね。

もちろん好きだから死んでほしくなんかないんですが、側忍をやる以上恋心はご法度!

かなり厳しいですね。

スポンサーリンク

まとめ

さて今回少女漫画大好き☆ゴロミが

  • 忍恋8話のネタバレあらすじ
  • 忍恋8話の感想・考察

をご紹介してきました。

ついに忍恋の1巻が2019年2月20日に発売されます!どんなカバーになるのか、楽しみですね!

 

それではまたお会いしましょう!

少女漫画大好き☆ゴロミでした!ゴロニャーゴ☆

スポンサーリンク