【吸血鬼のアリア】最新4話ネタバレ感想と考察!花とゆめ2019年2号12月20日発売

 

お元気ですか?少女漫画大好き☆ゴロミです!

花とゆめの最新話のネタバレと感想、考察についてご紹介したいと思います。

今回は花とゆめ2019年2号12月20日発売の吸血鬼のアリア4話です!

 

前回は、人間飼育調査で家宅捜索されたローゼンハイン家。なんとか切り抜けましたが、裏では何かうごめいています。

関連記事↓↓

 

それでは、少女漫画大好き☆ゴロミが

  • 吸血鬼のアリア4話のネタバレあらすじ
  • 吸血鬼のアリア4話の感想・考察

を紹介したいと思います。

吸血鬼のアリア4話のあらすじと感想ネタバレ!

それでは今注目の吸血鬼のアリアのあらすじと感想を早速紹介していきましょう!

吸血鬼のアリアの登場人物を紹介!

ルナ

ジークの屋敷の荷車に紛れ込んでた人間の少女。見た目は15、6だが、中身は5、6歳。

ジークフリート・ローゼンハイン

当主。吸血鬼兄。髪が長く笑わない。両親を失った幼少期に当主になると決意し、たくさんのことを身に着けてきた。

テオドール・ローゼンハイン

吸血鬼弟。人懐っこくてよく笑う。考えるよりも体が先に動くタイプ。

デルタ・ブルーグレイス

吸血鬼の眷属で小さい頃から、二人を厳しく育ててきた。愛娘がいる。

マーキス・ブルーグレイス

眷属で仕える身。

リオ・ブルーグレイス

同じく眷属。メガネで泣き虫。

バンビ

ゾンビ。人間飼育を取り締まる家宅捜索班統括。オネェ。

吸血鬼のアリア4話のあらすじ紹介!

前回、人間の密輸飼育取締りによる家宅捜索を切り抜けたジークたち。

その数日後、ルナは無邪気に外で遊びたいとおねだりしてきます。

しかし危険なのでジークは厳しい言葉で怒りました。

ホントに無邪気すぎて、逆にジークたちがかわいそうです。

 

職場で取り締まった人間たちを見たジーク。

傷だらけで背中にはルナのより大きなキトフィリアが。

 

家に帰ると、閉じこもってたルナが窓から逃げ出していました。

すぐに探しに行きますが、それはゾンビの罠でジークたちは捕まってしまいました。

確かに前回ので切り抜けられるわけなかったですよね。

 

ジークはルナは自分たちの家族だから守りたいのだと、必死に頭を下げました。

バンビはジークの決意を信じ、髪を代償にと切りました。

この髪にも魔界独特の意味があったりするのでしょうか。

 

ルナはジークに抱きしめてもらい、謝りました。

ジークに優しく寝かしつけてもらいますが、バンビの言った言葉を覚えていました。

 

好奇心の強いルナはきっとこの言葉を調べちゃうでしょうね。

変な勘違いで終わればいいですが、それきっかけで封印されてた記憶が戻ってきたりしなければいいです。

しかし捕まえられた人間たちにあったキトフィリアの跡はなんで大きいんでしょう。

 

1話で何も知らないようだと言われたジーク。

一体どんな真実が待っているのでしょうか。

次回はキレイなカラー付きらしいですよ!

どんな構図か楽しみですね。

まとめ

さて今回少女漫画大好き☆ゴロミが

  • 吸血鬼のアリア4話のネタバレあらすじ
  • 吸血鬼のアリア4話の感想・考察

をご紹介してきました。

 

それではまたお会いしましょう!

少女漫画大好き☆ゴロミでした!ゴロニャーゴ☆

 

関連記事↓↓