【吸血鬼のアリア】最新8話ネタバレ感想と考察!花とゆめ2019年7号3月5日発売

お元気ですか?少女漫画大好き☆ゴロミです!

花とゆめの最新話のネタバレと感想、考察についてご紹介したいと思います。

今回は花とゆめ2019年7号3月5日発売の吸血鬼のアリア8話です!

ついにコミック3月20日に発売です!表紙や装丁がどうなるのか、気になりますね。

 

前回、ジークに吸血鬼にしてもらうために努力し続けたルナ。しかしもらったのは偽物の牙でした…。

関連記事↓↓

 

それでは、少女漫画大好き☆ゴロミが

  • 吸血鬼のアリア8話のネタバレあらすじ
  • 吸血鬼のアリア8話の感想・考察

を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

吸血鬼のアリア8話のあらすじと感想ネタバレ!

それでは今注目の吸血鬼のアリアのあらすじと感想を早速紹介していきましょう!

吸血鬼のアリアの登場人物を紹介!

ルナ

ジークの屋敷の荷車に紛れ込んでた人間の少女。見た目は15、6だが、中身は5、6歳。

ジークフリート・ローゼンハイン

当主。吸血鬼兄。髪が長く笑わない。両親を失った幼少期に当主になると決意し、たくさんのことを身に着けてきた。

テオドール・ローゼンハイン

吸血鬼弟。人懐っこくてよく笑う。考えるよりも体が先に動くタイプ。

デルタ・ブルーグレイス

吸血鬼の眷属で小さい頃から、二人を厳しく育ててきた。愛娘がいる。

マーキス・ブルーグレイス

眷属で仕える身。

リオ・ブルーグレイス

同じく眷属。メガネで泣き虫。

バンビ

ゾンビ。人間飼育を取り締まる家宅捜索班統括。オネェ。

吸血鬼のアリア8話のあらすじ紹介!

ルナがいなくなったので、みんなで探します。

バンビが魔界の宰相に連れ去られたと聞いて、みんな驚きます。

ジークとレオは一緒に宰相の元へルナを助けに行きます。

 

目の覚めたルナ。

そこにいた宰相がまがい物の牙の出処を調べるように命じます。

みんなが危険にさらされると思ったルナは体当りしますが、服を着替えさせられ閉じ込められてしまいました。

 

そこにはルナと同じ蝶のアザのある人間たちがたくさんいました。

それから魔界の医者がいて、ルナに薬をすすめてきました。

ルナが断ると喋れるのが珍しいらしく驚きます。

 

ルナはこの医者と話をして、魔界の薬草を使って治療してることが本当だと信じました。

そして魔物と同じ量を与えると、逆に体調を崩すことを進言しました。

バンビに教わった知識で、患者を治療したルナ。

 

帰りたいと宣言するルナに、医者は捕まったらヴァンパイアになるか死ぬかしか無いと言います。

そこに宰相の側近が来たので、医者はルナが話せて薬で治療も出来るほど賢い子だと教えてしまいます。

再び宰相の前に連れてこられたルナ。

 

飼い主のことを聞かれて、守りたくて自分からヴァンパイアになると言います。

その宰相の牙が喉元に届きそうな時、ジークとテオが助けに来てくれました。

次回、ついに最終回です!

3人の運命やいかに…。

 

でも宰相が悪者に思えないんですよね。

言葉ではあんなこと言ってますが、人間の治療とかしないですよね。

何が過去にあったのか気になります!

スポンサーリンク

まとめ

さて今回少女漫画大好き☆ゴロミが

  • 吸血鬼のアリア8話のネタバレあらすじ
  • 吸血鬼のアリア8話の感想・考察

をご紹介してきました。

 

それではまたお会いしましょう!

少女漫画大好き☆ゴロミでした!ゴロニャーゴ☆

 

関連記事↓↓

 

スポンサーリンク