【吸血鬼のアリア】最新5話ネタバレ感想と考察!花とゆめ2019年3号1月4日発売

お元気ですか?少女漫画大好き☆ゴロミです!

花とゆめの最新話のネタバレと感想、考察についてご紹介したいと思います。

今回は花とゆめ2019年3号1月4日発売の吸血鬼のアリア5話です!

 

前回は、ついにバンビにルナのことがバレてしまいました。しかしジークの土下座によって、今回は見逃してもられることに…。

関連記事↓↓

 

それでは、少女漫画大好き☆ゴロミが

  • 吸血鬼のアリア5話のネタバレあらすじ
  • 吸血鬼のアリア5話の感想・考察

を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

吸血鬼のアリア5話のあらすじと感想ネタバレ!

それでは今注目の吸血鬼のアリアのあらすじと感想を早速紹介していきましょう!

吸血鬼のアリアの登場人物を紹介!

ルナ

ジークの屋敷の荷車に紛れ込んでた人間の少女。見た目は15、6だが、中身は5、6歳。

ジークフリート・ローゼンハイン

当主。吸血鬼兄。髪が長く笑わない。両親を失った幼少期に当主になると決意し、たくさんのことを身に着けてきた。

テオドール・ローゼンハイン

吸血鬼弟。人懐っこくてよく笑う。考えるよりも体が先に動くタイプ。

デルタ・ブルーグレイス

吸血鬼の眷属で小さい頃から、二人を厳しく育ててきた。愛娘がいる。

マーキス・ブルーグレイス

眷属で仕える身。

リオ・ブルーグレイス

同じく眷属。メガネで泣き虫。

バンビ

ゾンビ。人間飼育を取り締まる家宅捜索班統括。オネェ。

吸血鬼のアリア5話のあらすじ紹介!

テオはバンビに見逃してもらえるように、ジークが侮辱されたことが悔しくて、気持ちの整理がつけられないようでした。

その後も監視の名目でジークの屋敷に頻繁に来るバンビ。

唯一のバラエティ要素キャラで、いるとホッとします(笑)

 

ジークは何やらバンビと密談をしています。

その様子を見たルナは嫉妬していました。

テオはバンビが男だと知ってるので、微妙な気持ちでしたが成長したルナを見守っていました。

ホントに成長しましたね、このまま行くとほんとに記憶取り戻しちゃいそう。

 

ルナは前回のバンビの話を聞いて、夜伽が何かをみんなに聞いて回りました。

どう説明していいか分からないテオは、ご奉仕だと言い給仕をさせました。

無邪気って、好奇心って怖い!(笑)

 

テオとルナが一緒にお風呂に入っていると、ルナは夜伽に納得していないようでした。

ルナが無邪気にまたジークの話をするので、嫉妬したテオが挑発するとルナが赤面しました。

一緒にお風呂、まだ続けてたんですね…。

 

吸血鬼としての本能が触発されたテオ。

必死に抑えますが我慢がきかず、ルナの首元に噛み付こうとした時にジークが登場しました。

これテオが悪者のパターンですよ!なんかかわいそう…。

 

これで一緒にお風呂ももうなさそうですね。

ルナのことを恋愛対象として見ると、血が欲しくなる仕組みなのでしょうか。

いいタイミングでジークが帰ってきました!

 

もし血を吸ってしまっていたらバンビに逮捕されていたかもしれませんね。

テオやジークたちは血を吸いませんよね。

怪しい赤い液体は飲んでいましたが、一体どんな方法で体を維持しているのか疑問ですね。

 

こうなってくると、共同生活は難しいでしょうか。

今回のことがきっかけでテオとの距離が、離れてしまうと残念ですね!

スポンサーリンク

まとめ

さて今回少女漫画大好き☆ゴロミが

  • 吸血鬼のアリア5話のネタバレあらすじ
  • 吸血鬼のアリア5話の感想・考察

をご紹介してきました。

 

それではまたお会いしましょう!

少女漫画大好き☆ゴロミでした!ゴロニャーゴ☆

 

関連記事↓↓

 

スポンサーリンク